買うと高額のインカムはレンタルすることが可能

男女

設備を安く導入する

3Dプリンター

リースがお得

3Dプリンターを使うことで複雑な形状の品物を作成する事ができるため、仕事で使う設備として導入する企業が増えています。3Dプリンターをお得に導入するにはリースを利用することが大切で、最新式の3Dプリンターを少ない費用で導入する事ができます。多額の初期投資を行って3Dプリンターを導入しても、技術革新のスピードが早いため、数年後には導入した設備が古くなっています。リースを利用して3Dプリンターを導入すれば、古くなった設備は最新機種に変更してもらえるため、常に性能の高い設備を使えます。また3Dプリンターを自社で購入すると固定資産税の申告や、メンテナンスを行う必要がありますが、リースであれば維持する負担がなくなります。リースの費用は月払いなので企業が経費を把握しやすく、コスト管理が容易になります。企業が仕事で3Dプリンターを使う場合には、リースの費用を全て経費として処理する事ができるため、税金の負担を減らせます。リースの種類は大きく分けて2種類あり、損害保険料や固定資産税などの費用を加えたタイプと、リース終了時の価値から料金を算出したタイプです。3Dプリンターはリースの他にも、補助金や助成金を利用する事でお得に導入することが可能です。補助金を利用するには、国や地方の公的機関から審査を受けて認めてもらう必要があります。助成金は資格条件を満たせば誰でも制度を受けられるため、3Dプリンターを導入する時には助成金と補助金を賢く利用しましょう。